ダイアトニックアコーディオン『オルガネット』7

0

    こんにちは。Bonちゃんです。

    『オルガネット = ダイアトニックアコーディオン = ボタンアコーディオン』

    『Organetto = Diatonic Accordion』

     

    時代は平成から令和に移りました🇯🇵

    我が国 日本がいつまでも平和でありますように...祈...

     

     

    さて、報告がずいぶん遅くなっちゃいましたが、ちょうど1ヶ月前の4/20(土)と21(日)の、西宮市のリストランテ "Ponte Mirabeau - ポンテミラボー" でのランチイベントの様子を...。ミシュランガイドにも掲載されただけあって、すごーく雰囲気が良いリストランテ🇮🇹です。

     

    京都から電車とバス乗り継ぎでお昼前に到着。スーツケースにはオルガネットが2台が、リュックにはタンバリン2台が入っています。オルガネットは「小さい」「軽い」のがとても良いのです。その割に大音量⭐笑

     

     

    ランチパーティは窓から見えるガーデンで開催されるのですが、室内のテーブルも綺麗にセッティング&レイアウトされていました。これもこだわりの雰囲気作りの一つなのかな。ポンテミラボー!そつがないですね⭐

     

     

    広いガーデンには緑とお花がたくさん。

     

     

    2日間とも、とっても暖かくちょうど良い気候で、抜けるような青空でした。

     

     

    1日め。ただいま準備中。この雰囲気の中で練習もたっぷりできました。

     

     

    2日め。同じく、ただいま準備中。

     

     

    やはりオルガネットは、こういうイタリア的空気の野外ががよく似合いますね。

    私のオルガネットは2台とも赤い花が似合う。

    このガーデンでオルガネット2台並べると絵になる〜🤗 と、1人で満悦のオルガネット撮影会...笑

     

     

    さてさて準備も整い、もうすぐお昼...

     

    もちろん!イタリアワインの準備もバッチリOKです🍷🍷🍷🍷🍷

     

     

    さーて!ランチの始まりでーす。

    そもそも私は、今回どんなお客様が来られるかは知らなかったのですが、どうやらポンテミラボーのお得意様限定のプライベートパーティだったようです。だからイタリア人の方はもちろんのこと、日本人も全員がイタリア好きの方ばかりでした。この日のために、東京から2組、はたまた香港からも来られていました。

    私のオルガネット演奏は「始まりの頃」、「途中の頃」、「終わりの頃」と、基本3ステージ。もちろんオルガネットを初めて聞かれた皆さんだったのですが、全員オルガネットの音色に圧倒されたようで、すごく興味を持ってくださいましたので、ずっとお相手させていただきました。そんなイタリア的皆さんばかりなので、我も!我も!とオルガネットを試し弾き🎶。「面白い楽器なのね〜」って喜んでおられました。

     

    さすがイタリア人!オルガネットを離さずずっと練習しておられました(笑)

     

     

    先ほどのイタリア人のオニーサンは、日よけカーテンの間に場所を変えてずっと弾いていました。

    チビッ子とママも、オルガネットの魅力にとりつかれたようでした。

     

     

    このお2人さんもオルガネットを手離しませんでした(笑)。手前のカメラマンはイタリア人(笑)

     

     

    最初は恥ずかしがっていたこの女の子もママと一緒に。

     

    席に帰ってもずっと弾いていた女の子。「ママ〜!私もオルガネットやりたい!」って言ってたかも...笑

     

    イタリア🇮🇹式の宴は終わることなくいつまでも続くのです...(笑)

     

     

    イタリア人達と、イタリア好きの人たちが集まる場所は、話題が常に豊富で本当に楽しいです🤗

    「私もイタリア好きで良かったな〜!」ってあらためて思える素敵な2日間でした。

     

    アコーディオンとは全くイメージの違うオルガネット。野外でもマイクの必要もなく、大音量の出るリズミカルで楽しいイタリアの民族楽器オルガネットの魅力を私自身が再認識しました。

     

    ...あ...‼そういえば自分の写真を撮り忘れていました。まいっか〜

     

     

    -----

    私がオルガネットを始めたのが一年前の5月下旬。だからちょうど今日あたりが記念すべきオルガネット1周年です。独学でドレミから始めた1年前は、ここまで弾けるようになるとは想像もできなかったのですが、今回のようにオルガネットで本格的なお仕事をさせていただくほどになった事に自分でも驚いていますし、今回お声をかけていただいたイタリア友人Fabioとポンテミラボーには心から感謝しています。「継続は力なり」... あぁがんばって良かったな〜って思う今日この頃です。

     

    縁あって出会えたイタリア🇮🇹の民族楽器オルガネット。いつまでできるかわかりませんが、自分の体力や取り巻く環境の許される限界まで継続して練習していきたいです。

     

    -----

    我が国🇯🇵日本の歴史が平成から令和に移るタイミングで、我らが日本の国歌「君が代」をアコーディオンで弾きました。私のYouTubuをどうぞご覧ください→  BonちゃんのYouTubeチャンネル【BonPiano😎】

     

    ではまた!!

    ciao!!


    ダイアトニックアコーディオン『オルガネット』6

    0

      こんにちは。Bonちゃんです。

      『オルガネット = ダイアトニックアコーディオン = ボタンアコーディオン』

      『Organetto = Diatonic Accordion』

       

      今週の土曜と日曜の連続2日間(4/20&21)、西宮市のリストランテ"Ponte Mirabeau - ポンテ ミラボー"のガーデンにて、ランチタイムのイベントとしてオルガネット演奏をします。このポンテミラボーは、ミシュランガイドにも掲載されている有名なリストランテです。

       

      オルガネットを始めて約11ヶ月。私にとっては初めての本格的なオルガネット演奏仕事として声をかけていただきました。今からちょうど1ヶ月前(3/20)にそのイベントに向けての打ち合わせに行った時の写真です。

      ミモザが満開で、ここはまるでイタリアでした🌼🌼🌼🌼🌼

       

       

      今から約7年前、アコーディオンを弾いていた私に「Bonちゃん!イタリアにオルガネットっていう楽しい楽器があるよー!」って教えてくれたのが、一番左のイタリア人Fabioファビオなのであります。興味を持った私はすぐにイタリアで1台めを買ったのですが、あまりにも難しくて、6年間、部屋に飾ってるだけだったのですが、やっと昨年の5月から練習し始めた私なのです。。(もっと早くから始めれば良かったのにね... )。Fabioのあの一言がなければ、私はこんな楽しいオルガネットのことを知らないままだったのです。だからそんなFabioは私の恩人!!

       

      -------

      この演奏会に向けてずっと練習をしていましたが、時々は野外でも練習していました。

      以下は一昨日の写真です。自宅から車🚙で50分ほどの田舎。私のYouTubu録画撮りはいつもここなのですが、こんなに素敵な場所なのにまったくと言って良いほど人が来ないので録画録りや練習に集中できるお気に入りの秘密のポイントです。3時間たっぷり練習できました。

      左のダイア柄は7年前に買った1台めのオルガネットで、右がのイタリア国旗柄は今年の1月に買った2台めのオルガネットです。音色の異なる2台のオルガネット。せっかくなのでポンテミラボーではどちらも弾こうと思います。

      桜の花もまだ残っていました🌸🌸🌸🌸🌸

      本番はいよいよ明後日。食事に来られたお客さんに喜んでいただけるようにがんばるぞー!

       

      BonちゃんのYouTubeチャンネル【BonPiano😎】

       

      ではまた!!

      ciao!!


      ダイアトニックアコーディオン『オルガネット』5

      0

        こんにちは。Bonちゃんです。

        『Organetto = Diatonic Accordion』

        『オルガネット = ダイアトニックアコーディオン = ボタンアコーディオン』

         

        今年の1月、我が第二の故郷ナポリに帰った時に、長距離バスで北へ片道4時間半、アドリア海に面した小さい町 Giulianova-ジュリアノーヴァのオルガネット工房『Cav.Giuseppe IANNI & figli(イアンニ社)』に2台めのオルガネットを日帰りで買いに行きました。

         

        その報告の前に...

         

        ナントー!

        その3日後、私がまだナポリにいる時に、このイアンニ社から「イタリアの大手新聞『IL MESSAGERO-イル メッサジェーロ』にオマエの記事が掲載されたよ!」って報告がありました。この事は、正直、日本の新聞に掲載されるより数倍も嬉しかったなー!

         

        では、この記事を読みまーす。

        -----

        【日本人女性がイアンニ社のオルガネットに恋をした】

        オルガネット工房、イアンニ社が海を超え日出る国、日本へ。

        様々な楽器を巧みに操る才能あるピアニストが、クラシックオルガネットに恋をしました。

         

        たった数ヶ月でオルガネットをマスターした彼女は、昨年10月に "メイドイン ジュリアノーヴァ"のプロトタイプを注文。昨日、新しい相棒となるオルガネットを受け取るため、はるばるイアンニ社の工房へとやって来たのです。

         

        イアンニファミリーは、「これほどのレベルの音楽家の方に、我が社の製品を利用してもらえることを大変誇りに思うと同時に、我が社の製品が、我々イタリア人以上い文化と伝統を重んじる日本の人々の目に触れる事を大変嬉しく思います。Taka(ワタクシBonちゃん)が 我々の製品を選び、そして、直接我々のところに足を運んでくれた事に感謝します。」

         

         

        このイアンニファミリーの歴史は特別です。1882年の終わり、Abruzzo-アブルッツォ産のオルガネットは、ジュリアノーヴァの職人工房で産声をあげました。若い家具職人であったフランチェスコ・イアンニは、Roleto-ロレートでの巡礼を終え、名アコーディオン奏者、パオロ・ソプラーニを輩出し、後にアコーディオンの名産地として名を馳せるカステルフィダルドから1つのオルガネットを持ち帰りました。

         

        独創的なアイディアを持ち、物理学と機械工学に熱中する家具職人は、このオルガネットに微調整を施して操作性を格段に向上させることに成功し、フランチェスコの兄弟、ジュゼッペが工房に加わると、その品質はさらに進歩を遂げることとなります。

         

        1888年、ジョバンニ・イアンニ社は商人名簿に登録され、商売は右肩上がりに成長を遂げ、その名はイタリアを離れ世界へと到達します。

         

        オルガネットの哀愁漂うその音色は、フィラデルフィアにある大手楽器メーカー、メルキオッリをうならせ、後のアメリカでのオルガネット動線販売権取得へと導くこととなるのです。

         

        Azzurra Marcozzi

         

        -----

         

        私はこの伝統ある工房のオルガネットを選んで、本当に良かったと思います。ファミリー全員が「日本から遠いところをよう来たねー!」と、とても親切にしてくれました。実際、このオルガネットは最高⭐⭐⭐⭐⭐

         

         これが→オルガネット工房『Cav. Giuseppe IANNI & figli(イアンニ社)』のHPです。

         

        あと→イアンニ社のfacebookには、私のfacebookからの様子もシェア投稿してくれています(^o^)ほんと嬉しい!

         

         

        ...今日の投稿はここまでです。

        ナポリからジュリアノーヴァまでのイタリア中部の美しい景色や、工房の現場での様子は、また後日...。

         

         

        BonちゃんのYouTubeチャンネル【BonPiano😎】

         

        ではまた!!

        ciao!!

         

         

         


        ダイアトニックアコーディオン『オルガネット』4

        0

          こんにちは。Bonちゃんです。

          『オルガネット = ダイアトニックアコーディオン = ボタンアコーディオン』

           

          今回は、去年の人前での演奏シーンの思い出写真を少しばかり掲載します。

           

          昨年の6月。オルガネットを始めてちょうど1ヶ月後に、私の地元京都のおうどん屋さんで津軽三味線ライブの前座として出演させていただきました。まだまだ1, 2曲の簡単なレパートリーしかなく... たどたどしさが伝わってくるような初心者丸出しって感じの1枚ですね笑。

           

          昨年の10月。地元京都のカフェにて。落語家、笑福亭伯枝(しょうふくてい はくし)さんの前座をさせていただきました。

           

          ちょっと余裕と貫禄が出てきたかしら...笑

           

          大阪でオルガネットを持って移動している時に、イタリアのサルデーニャ島のオルガネットプレイヤーと偶然に出会って、声をかけたら彼のオルガネットを弾かせてくれました。私は自分以外のオルガネットを見るのは初めてだったし、まさか弾かせてくれるなんて! 本当に驚きの出会いでした。

           

          私のオルガネットと交換して肩にかけて記念写真。

           

           

          さて、昨年の12月。私の全アコーディオンとオルガネット整列させてみました。この撮影直後に、左上のボタン式のクロマチックアコーディオン(イタリアBUGARI製)はあっさりと手放しました。オルガネットはずいぶん軽量だけど、アコーディオンは私には重くて...。今後はオルガネットをもっと弾いていきたいので、新しくもう一台オルガネットを買うための資金源として。思ったより高く売れたのでラッキーでした。

           

          最後のツーショット記念写真です。約10年間のお付き合いでした。ありがとう🇮🇹BUGARIアコちゃん!

          お別れの前に最初で最後のYouTube動画も撮りました。たいして上手くはありませんが... その動画はコレです。

           

          ... 

          という事で、先月(今年1月)にイタリアで2台めのオルガネットを買ってきました。次回からのblogは、いよいよその新しい相棒オルガネットの話題のスタートです!!

           

          BonちゃんのYouTubeチャンネル【BonPiano😎】

           

          ではまた!!

          ciao!!

           

           


          ダイアトニックアコーディオン『オルガネット』3

          0

            こんにちは。Bonちゃんです。

            『オルガネット=ダイアトニックアコーディオン=ボタンアコーディオン』

            前回の続きです。

             

            日本では「オルガネット」と言っても全く通じません。「ダイアトニックアコーディオン」という呼称が一般的なようです。それに対して普通のアコーディオンは「クロマチックアコーディオン」です。ダイアトニックとはピアノで言えば黒鍵のない全音階で、クロマチックとは鍵盤すべての半音階という意味です。

             

            このオルガネットは5年前にイタリアで買っていましたが、なんだか難しくてイヤになっちゃって、ずっとほったらかしにしていたのですが、やっと去年の5月からオルガネットの練習を始めました。

             

            完全な独学なので、家だけで練習していてもなんだか暗いので(笑)、色んな場所に出掛けて練習していました。練習に適しているポイントは、全くと言って良いほど人気のない場所です。集中できますからね。

             

            練習やビデオ撮りの合間に気分転換で自撮り大会をしていました。「どんだけ自分好きやねん!」って感じですが笑...。オルガネットと一緒に写真を撮るのは正直、楽しいです。せっかく撮っていたので、ズラズラと並べておきます笑。

             

             

            バイクで近所の河川敷に。

             

            電車で滋賀県 琵琶湖に。

             

            鴨川の河川敷に。

             

            バイクで近所の広い公園に。

             

            ドライブで見つけたポイント。

             

            練習にはココが一番落ち着く。

             

            ビデオ撮影にはココが一番落ち着くポイントです。こんなにステキな場所なのに全く人通りがないのです。

             

             

             

             

             

             

            いつもこんな感じでビデオ撮りしています。弁当&おやつ持参で笑。私は1人でいるのが大好きなので結構楽しんでます。

             

            BonちゃんのYouTubeチャンネル【BonPiano😎】

             

            ではまた!!

            ciao!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            ダイアトニックアコーディオン『オルガネット』2

            0

              こんにちは。Bonちゃんです。

              『オルガネット=ダイアトニックアコーディオン=ボタンアコーディオン』

               

              私のオルガネットのタイプは、イタリア中部の丘陵地帯のアブルッツォ州、カラブリア州を中心に、マルケ州、シチア州などで演奏されているようです。イタリア人のアートセンスが光るとても美しい楽器です。

               

              楽器の種類は「ダイアトニックアコーディオン」です。私の機種は、ボタンの数はとても少なく、右手12個、左手2個のみです。オルガネットは普通のアコーディオンとは違い、ハーモニカのように各1個のボタンで2つの音が出ます。ハーモニカの「吹く&吸う」の様に、オルガネットは蛇腹を「引く&押す」で音が変化します。

               

              今回の写真は、昨年の秋にYouTube撮影の時についでに撮った写真です。すべて自分のiPhoneで撮りました。

               

               

               

               

               

              このデザイン色のオルガネットは特に秋が似合うと思います。素朴な秋の場面で撮影するとしっくりと美しく馴染みます。オルガネットは弾くだけでなく、撮影するだけでのもとても楽しいです。

               

              実は、先月イタリアで2台目のオルガネットを買ってきました。そのオルガネットは春が似合いそうです。写真はそのうち後日に...😊

               

              BonちゃんのYouTubeチャンネル【BonPiano😎】

               

              ciao!!

               

               

               

               

               


              ダイアトニックアコーディオン『オルガネット』1

              0

                こんにちは^^ Bonちゃんです。

                なんとー!

                7年半ぶりのblog投稿です。だめじゃん...(^^;

                投稿方法もすっかり忘れてしまってて...

                とりあえずblog復活してみました🎉!

                 

                昨年(2018年)の5月から新しい楽器を始めました。(買ったのは5年前なのですが...)

                 

                その楽器とは、日本では全くと言って良いほど知られていないイタリア🇮🇹の民族楽器『オルガネット(ダイアトニックアコーディオン)』。ダイアトニックアコーディオンはアイリッシュ音楽で使われている事は有名で、日本でも演奏されておられる方も結構おられる様ですが、私のダイアトニックアコーディオンはイタリアでは「オルガネット」と呼ばれており、このタイプのオルガネットを演奏している日本人は今のところ私は見つけることができていません。

                 

                YouTubeで「orgnetto」と検索していただくと、イタリアでの音楽シーンのオルガネット動画がたくさん出てきます。ほとんどがイタリアのアブルッツォ州、カラブリア州などの丘陵地帯での演奏と思われます。この地方ではこのオルガネットがタンバリンと共に生活に密着していて、日常的に老人から子供までイタリアのフォークを楽しんでいるようです。

                 

                私のオルガネットは独学で、そして、なんとかマイYouTubeチャンネルも作ったので、オルガネットの事をぼちぼち発信していこうと思っています。YouTubeで【bonpiano】と検索していただくと、サングラス😎のアイコンが私です。また、カタカナで「オルガネット」と検索していただいても私の動画が出てくるようです。⇨ BonちゃんのYouTubeチャンネル【BonPiano😎】

                 

                私のFaceBookは公開しているので、名前はココと同じく【Bon Piano(←ここでは名前の間を空けてください)】、また最近になってインスタグラムも始めて、名前は【BonPiano88】です。もしご興味おありでしたらのぞいてみてください。

                 

                (ちなみに10年続けていたHPは、ピアノ中心だったのですが、そのうち閉鎖します...)

                 

                どうぞよろしくお願いします😃(いつまで続くかわかりませんが...笑)

                『オルガネット=ダイアトニックアコーディオン=ボタンアコーディオン』

                 

                ciao‼

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << May 2019 >>

                (^_^)

                (^_^)

                (^_^)

                selected entries

                categories

                archives

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM