BonのItalia☆

0
    いよいよ!Bonは!
    お次ぎのitalia里帰り決定☆
    何かとがんばった自分にごほうび◎◎

    9度めのItalia、、それは秋、11月中旬。約1年ぶり〜〜♪
    Italiaのどこに行くかは、地図ながめて決めちゃったー。


    ってなコトで!!

    もう飛行機チケットも手配ちゃったよー(^o^)わくわく。。
    もっっっちろん!
    またまたBonの大好きAlitalia航空ご利用しちゃうしちゃう♪


    11月のBonの相棒は、、もちろんアコーディオン。
    でもね、いつものピアノ式アコではなく、、
    「Bonのボタン式アコいよいよItaliaデビュー☆」
    右手のボタンkeyって難易度めちゃ高かったケドねー、、汗、、
    この夏に猛練習の甲斐あって、以前よりずいぶん上達したカモカモ。。
    モチロンまだまだがんばらなアカンけど。



    そんなこんなで、、前回のItalia、去年10月の思い出ね〜
    ここはNapoli★いつものホテルのキッチン。
    2月のBonブログにも登場した、知性あふれるステキなオランダ女性"マドロン"と晩ご飯クッキング中。


    (実は、、この時はね、Bonは、超無神経で超ネクラetc..な日本人女性につきまとわれてて、
    ほんま最悪気分やってんけど、このマドロンにどれだけ助けてもらったことか。。ほっ。。)


    マドロンと飲むワインはほんまにおいしぃ。
    ちなみに、Bonが持っているのは、ワインでもビール瓶でもなく、、

    オリーブオイル☆
    サラダにはバルサミコ酢とコレで決まり♪



    さてさて、、今晩(9/4金)あたり、、相棒のアコーディオン背負って
    京都河原町で路上Liveやりにいっちゃおっかな〜〜(^o^♪



    ★【井戸口Bonのウェブサイト】www.bonpiano.com

    Napoli☆ばんざぁぁい(^o^)

    0
      何度でも言うわ〜〜 
      「Bonはイタリアがほんま大好き☆」

      イタリアには8回も行ってて、イタリア国内は北から南までほとんどまわったけど、やっぱりその中でもやっぱりBonにとってはナポリがダントツ性に合う。ナポリ人はとにかく陽気で、人懐っこくて、いちいちオモロイ。おそらくBonの前世はナポリ人やったんやわ。うん、絶対に(^o^)


      さてー!
      (1つ前の記事『去年の秋(2008年10月)イタリア記』のつづきねー)


      Napoliの路地裏の国旗の情景にすっかり溶け込むナポリ人Bon☆

      ちなみに、、Bonの足元は100円ショップのビーチサンダルやし。。笑



      そうそう、ここで、日本人にとって信じられないようなイタリアの話しを一つ。。
      今朝Bonは、NHK-FMラジオのイタリア音楽の番組をたまたま聞いてて、
      そのゲスト"イタリア人オペラ歌手アルベルト・クピードさん"が言ってたけど
      『イタリアの小学校には"音楽の授業"がない』んだって!
      司会者もおどろいてたけど、同様にBonもほんまおどろいた!
      アルベルト・クピードさんもその現状を心から嘆いてはった。
      「ドレミファソレシド」はイタリア語やのにー(>_<)。。


      via Santa Lucia(サンタルチア通り)にて。

      ナポリでは、このような若者(中学生ぐらいかな)の路上演奏者もよく見かける。この写真の彼らの楽器は十分に奇麗やけど、チビッコ路上演奏者はだいたいがボロボロの楽器やったりする。鍵盤なんか、古く変色してて、歯抜けになってたり、はたまたボデー本体の外枠部分がはずれてて、中のリードがむき出しになってるアコーディオンなんかでも、おかまいなしにブッカブッカと実に器用に演奏してる。

      そういえば、3年ほど前に見た路上Liveのウッドベースなんかね、ナ、ナ、ナント、、弦が3本しかなかったのよ。その演奏してるベーシストにBonが「なんで1弦足らないの?」と質問すると彼は「でも俺はこれで十分なのさ!」って言って、おかまいなしに演奏してた。しかも上手いときた。 

      おそるべしイタリア人!さすがイタリア人!これがイタリア人!
      Bonはほんま思う「これこそが原点やーと」

      、、Napoliで何度もそういう音楽シーンを目の当たりにするたびにBonは、彼らよりも遥かにピカピカで上等なアコーディオン持ってる自分が、日本人として、なんか恥ずかしい気持ちにフッと陥る時がある。。 でもでも、だからこそ、その恵みに心から感謝して、一生懸命練習しよう、と思う。ひたむきにがんばるよBonちゃんは。

      Napoliは、ローマ、ミラノに次いでイタリアで3番目の大都市やけど決して裕福ではない。でも音楽を楽しもうとする素朴で素直な気持ちは日本とは比べ物にならないぐらいに豊かだという事をBonは肌で感じる。

      もしかしてイタリアでは、例えば、ひいおじいちゃんの時代からアコーディオンやギターやマンドリンなどの楽器が台所とかの生活の場に無造作にポンッと置いてあって、音楽が日常的に生活に密着してて、憩いの中、その楽器をその子、また次ぎの時代の子に自然に受け継ぐ。。。などと、勝手に素朴にステキに色々想像したりなんかしちゃってる今日この頃のBonかなー。


      今年の秋もBonはイタリアに帰れるか!?
      帰りたい! 、、
      うーん、、でもまだわからん。。


      さてさ〜て(^^☆
      今週末から8日間、ピアノの仕事で、
      小豆島のリゾートホテルにいってきま〜〜す♪

      ciao! ciao!



      ★【井戸口Bon ウェブサイト】www.bonpiano.com



      2008.10月☆8度めのItalia☆PEEPE父ちゃん

      0
        はいは〜い!
        ちょっと今、何かとかなりがんばってるBonでーす。
        そんながんばってる自分に「ごほーびを!」と、
        1年ぶりに、また今年の秋ごろにItaliaに帰ろっかなぁ。。
        (いやいや、、今はまだ、、行けたらいいな。。の段階かな。。)


        そんなこんなで、去年の秋のItalia里帰りの巻き〜☆

        関西国際空港。いってきまーす♪

        いつもながらBon大好きAlitaliaヒコーキ★

        Tシャツの色はアリタリアのシンボルカラーに合わせてみました♪ なんつってー

        Roma国際空港からBrindisiへ。

        今回は、
        まずイタリア地図のブーツのかかとプーリア州Brindisiへ。
        後半に、我が第二の故郷Napoliへ移動。。

        たっだいまー!ナポリ★

        "PEPPE父ちゃん" と "PEPPEの車"

        息子さんの作業場の場所をBonに教えてくれてる最中。。
        「Bon、明日、アコーディオン持ってここに来い!」


        そこはコッテコッテのナポリ旧市街(これぞナポリ☆って地域)のド真ん中らへんにある。

        地図を片手に作業場に着くと、まず出迎えてくれたがPEPPE愛用のバイク☆

        そして〜

        ここがPEPPE息子さんの作業場☆


        PEPPE夫妻☆いつもこうやって歓迎してくれる。

        ちなみに、このシマシマTシャツは前日に露店で5euroで買った。
        10月下旬でも、イタリア南のナポリはまだまだ暑い。


        マエストロPEPPE☆

        マイナスワンのCDかけてマンドリンの演奏をいっぱい聞かせてくれた♪


        やっぱPEPPE父ちゃんはサイコーやーーー★☆★
        今年の秋も会いにいけるかなぁ。。
        いきたいなぁ。。



        ★【井戸口Bonウェブサイト】www.bonpiano.com



        2008年10月☆8度めのITALIA☆

        0
          Ciao! Ciao!!
          今から4ヶ月前のナポリね〜☆★☆


          Bonホテルからほんまご近所さんの『Castel` Nuovo』にて
          何回来てもほんまスゴイ城だわ。。
          コレが "Bon with アコーディオン" のイタリア放浪スタイル★
          (体力の続くかぎり。。くっくっく。。)



          Bonホテルの目の前、カプリ島行き港『 Porto Molo Beverello』にて
          Bonはいつもココでこんな感じー!ココには世界中の観光客がドンドコ来る来る。
          そんな中、関空発の団体観光客さんに捕われの身(笑)となったBonの一コマ☆
          「ナポリによーこそ♪出会いの記念に日本の童謡でも一曲お聞かせしましょうか♪」
          ってなコトで、、、知らずのうちに大合唱、、、沢山のチップおおきに〜(^^♪
          そして「それではみなさ〜ん"青の洞窟"いってらっしゃ〜い!」ぐふふ。。



          ずっとホテルが一緒で仲良くしてくれたオランダ人一人旅のめっちゃ明るくて知性あふれるステキな女性"マドロン"。この写真のマドロンはムッツリ顔やけど、普段は2人でお腹かかえてゲラゲラ笑いっぱなしやった。母国語がオランダ語のマドロンは英会話堪能でイタリア語も少し、Bonもイタリア語は少し話せるけど英語がサッパリやから、2人の会話は必然的にイタリア語。そやからカタコトなイタリア語会話でやたら爆笑してる2人の様子は、周りのイタリア人にとってはなんとも奇妙で不思議な光景だそうで結構バカウケしてた〜(^^)、、、あ〜ん、、またマドロンに会いたいなぁ。。

          ぢゃ!またねー(^_-)Ciao!!





          ういらぶ☆PEPPE父ちゃん

          0
            一昨年2007年5月のItaliaナポリ里帰りの時ね。ナポリはBonにとっては第二の故郷☆
            ドイツ在住のクラシック声楽家リエとのナポリ、もう何度めになるかな。。
            もちろん必ず訪問するのは我々2人のバッボ(父ちゃん)PEPPEの経営する店。PEPPEはエアコンのショールームのオーナー。2人がひょっこり現れるのをいつも密かに楽しみにしてくれてる。ほんまにほんまに愛すべき父ちゃんPEPPE!!「ペッペ父ちゃ〜ん!また帰ってきたよ〜♪」


            毎度いきなり始まる恒例の店内セッション大会☆ 左から、マンドリンを抱える我らが敬愛する"PEPPE父ちゃん"、向かいのコピー店主"ラッパのPEPPE"(なんと2人は同じ名前)、Bon、歌のリエ。そして、右端からチラッと覗いているのが、、、





            ぢゃぢゃぢゃぁぁぁん!BURGER KINGの看板☆
            いつの間にか近所にオープンしていたのだ!
            Bon「ねぇねぇPEPPE、コレなんでココにあるの?」
            PEPPE父ちゃん「オマエもすっきゃな〜」



            主役の看板、リエ、BonのYAMAHAキーボードで記念撮影☆



            最後は"ラッパのPEPPE"と。でも、あくまでも「主役は看板」ねー。笑


            『また"PEPPE父ちゃん"のこと書くねー♪』



            blog はぢめちゃったりなんかしてー☆

            0

              (写真:ITALIA Scavi di Ercorlanoの公衆トイレにて)

              Ciao!! Bonちゃんです。くっくっく
              とぉとぉあの!"Bon"にもblogの波がっ。。

              今までBonがPC技術不足やった為に(とほほ)
              悔しくも公開できなかったBon秘蔵写真を
              ぼちぼちアップしていくカモカモー(^_-)

              まづは、、Bonセルフ撮影写真から。。
              去年の10月下旬(2008年)やのにタンクトップやしー!笑

              | 1/1PAGES |

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << December 2018 >>

              (^^♪

              (^^♪

              selected entries

              categories

              archives

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM